-------------------------------- ----   --------------------------------------------------------English-/中国语/Español

Vision

「サイエンスのエスプリをモノやサービスに!」

 私は、1991年の4月1日にインターマンを設立しました。人と人とがつながり、新しい付加価値を生みだしていくという思いで名付けたinterman。学生時代の創業から今日に至ります。途中、夢と現実の生活のはざまで 小さい灯りが遥かかなたに見える時もありましたが、この年月の中で「何が心を震わせるか、ワクワクさせるか!」という問いに対し、自分なりにぼんやりと答えがみえてきたような気がします。現業でのホップ、走り始めたステップ、そして、これからの挑戦ジャンプ 。時には大きな嵐に遭遇する旅かもしれません。食料が尽きそうになる事もあるでしょう。その時は現業のHOP、STEPに立ち返り、足場を固めて進むしかありません。我々の存在が許されうる限り、いつまでもこのVISIONにアタックし続けたいと思います。

HOP

 オフィスワークを快適に!というミッションを掲げ事業を推進しています。全国3万社のお客様に商品やサービスを提供するインターマンの基盤事業です。取扱サービスの一つとしてオフィス通販アスクル社の購買管理システムなどがあげられます。

STEP

 2005年 初の自社商品。日本で初めて水で空気を洗う空気清浄機の販売から始まり、地球環境に貢献するフルボ酸の用途開発など “うるおい“と“やすらぎ“のあるくらしに貢献するというミッションも遂行していきます。様々なシーンでお客様を快適に!を合言葉に次なる事業へと成長させていきます。

JUMP

 そして我々が目指すところは『サイエンスのエスプリをモノやサービスに!』を事業として具現化する事です。その種は、自社商品の大学研究室との共同研究や、新しいアイデアによる知的財産の取得などにより、まかれはじめています。国内はもとより海外まで視野にいれ様々なコラボにより事業を推進していきます。


ピクチャ 2.png

代表取締役社長 上田平重樹 鹿児島県出身  学生時代に会社設立


Core Purpose

「発見や創造の『ワクワク感』を伝える!増やす!育む!」

 ある島へ、親子でピクニックに出かけた時の事でした。波打ち際の岩場でノジュール(有機物が化石化したもの)を発見し、2人で岩を削りとっていきました。すると背骨のように曲がった塊が出てきたのです。これは!恐竜の首か背骨ではないかと興奮しながら、さらにまわりを掘り進みました。夕方、潮も満ちてきたので発掘作業を中止し、背骨らしきところにコインを置いて写真をとりました。そして2日後、その写真を化石の専門家のところに持ち込みました。すると もしかしたらということで、現地に発掘にいく事になりました。最初の発見から発掘にいくまでの約1ヶ月、写真を見ての想像、議論などワクワク、ドキドキの毎日でした。この「ワクワク、ドキドキ」が伝わり、増幅され、育まれ、総勢10名ほどで発掘に出かけたわけですが……..。

 新しいものや、面白いものを発見、創造した時の興奮や感激、いわゆる『ワクワク感』を味わうことは人生最上の喜びといえるでしょう。そして『これいいよ!面白いよ!』と人に伝えたとき、伝えられた人も『オー、いいね。』といってワクワクするでしょう。そのワクワクが大きければ大きいほど、次から次へと増幅され伝わって行くことでしょう。又、その過程で新たな発見や創造も生まれてくるでしょう。たった一つのワクワクは、数多くのワクワクを育む可能性を秘めています。


4%---星や銀河、23%---暗黒物質、73%は「無」が持つというエネルギー。
無は素粒子を生み、宇宙を生み出したと考えられている。
人類は、その4%の中のほんの僅かな部分から、この世の起源へと思いを駆せる。

今後、科学技術の発達により、さらに文明は高度化するだろう。
人類が地球から宇宙へと飛び出していくのも流れである。
ただ、一つだけ言えるのはいくら文明が進んでも

発見や創造の『ワクワク感』

は大人だろうが、子供だろうが、人間であれば必ず持ち続ける。


 この『ワクワク感』を伝えたい!増やしたい!育みたい!という思い。この思いこそがインターマンが存在する所以だと考えます。私たちインターマンは、事業を通じて地球、いやこの宇宙をワクワク感で充満させる活動を行います。そして願わくは、まだ見ぬあなたたちと共に、未来へこのDNAを引き継いでいきたいと思います。




Core Value

「アイデアをかたちにして"あなた”を喜ばそう」

"あなた”とは時間軸にとらわれない、お客様であり、社員であり、家族であり、インターマンに関わりのある全ての知的生命を指します。ほんの小さなちょっとした一工夫、それを伝えられたとき、工夫した人のやさしさにふれられ、うれしい気持ちになります。伝えられなくてもそれに気づいたとき 奥の深さにワクワクします。日常の全てにおいて発見や創造のワクワク感が宿っていることを忘れずにお客様、そして社員や家族を喜ばすことをしていければと思います。